江戸前鮨の極上握り

鮨 菖蒲で鮨屋の概念を覆す
極上の握りをご堪能いただけます。

最高の食材 最高の演出

器 箸 お椀に至るまで最高のものを選別

トピックス

2018.08.05 2018.11.23 2018.05.22

お盆休みのお知らせ

平素は格別のお引き立てを戴き、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながらお盆休みを下記の通りいただきますので、何卒よろしくお願いいたします。 2018年8月13日(月)~8月16日(木)

休業のお知らせ~11月27・28・29日

【休業のお知らせ】 いつもご利用頂きありがとうございます。 11月27日(火)28日(水)29日(木)、研修のため休業になります。 また当店は、1日前の完全予約制になっております。当日のご予約、飛び込みのお客様はご入店...

「千代田 鮨 菖蒲」グランドオープン

名古屋市の江戸前鮨、「千代田 鮨 菖蒲(あやめ)」が5月28日(月)17:00にグランドオープンいたします。 菖蒲(あやめ)は名古屋市で本格的江戸前鮨をご堪能できるお店です。 名古屋市の本格的江戸寿司とは 「江戸前鮨」...

お知らせ

お知らせ一覧

鮨 菖蒲について

店主からのご挨拶

「鮨 菖蒲」では、江戸前鮨の技術と伝統を伝えていきたいとの思いで、開店当初より江戸前鮨に特化し、挑戦し続けてまいりました。
これからも日本の詫・寂、シンプルかつ粋な日本の食文化をご提供できるよう日々精進してまいります。
お客様の大切なお時間に笑顔を添えらますように…
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

店主からのご挨拶
江戸前鮨について

江戸前鮨について

当時職人の町だった江戸に誕生した「江戸前鮨」

冷凍技術も流通手段も発達していない時代に江戸前鮨は誕生したと言われています。魚介類が新鮮なうちに、加熱して「煮る」、酢や塩で「締める」、たれに「漬け込む」。
いわゆる「仕事」を施し、生よりもその魚介類の旨味を凝縮させる工夫が開発された結果、素材の旨味を最大限に引き出され、世界に誇る「江戸前鮨」が誕生しました。「旬」の素材を使い、昔ながらの「仕事」を施して作る。当店では江戸前鮨の伝統を重んじながら、現代の人々の味覚や趣向にあった鮨をご提供するよう心がけております。

御料理

御料理

至福の贅を
愉しむ

美食

江戸前鮨は、冷蔵による保存技術がない
江戸時代に誕生致しました。
魚介類が新鮮なうちに煮る
酢や塩で締める
たれに漬け込むといった手間や工夫を施し
生より魚介類の旨みを最大限に引き出す技法を要する鮨です。
季節によってお出しする食材は変わりますが、
代表的な食材を少しご紹介致します。

漬けまぐろ
最近では短時間の漬込みで提供するお店が多いですが、赤身の旨みと舌触りを引き出すために、さっと霜降をした後5時間ほど、特性たれに漬け込みます。

エビ
甘エビを殻ごと焼き、鉢にあてた後、更に裏漉した焼き甘エビそぼろや、黄身酢そぼろとお召し上がりいただけます。

あなご
仕込みの際に腹骨を1本ずつ処理し、限界までとろとろになるように煮ます。
握る直前には笹にのせてあぶり、笹の香りもお楽しみできます。